開発秘話
今では多くのお客様にご支持いただいている液ダレ防止ノズル「シャット弁」。
完成までには長い年月を要し、いくつもの大きな壁にぶち当たりました。
その開発秘話を代表取締役 駒井亨衣がご紹介します。
現場の「困った!」が商品開発のきっかけに
「液ダレを何とか解決できないかな?」
充填作業を行う工場の社長から相談を受けたことからシャット弁の開発が始まりました。
充填を止めても、液がポタポタ落ちたり、糸を引いたりするのです。
そのため、容器に充填物がついたり、
内容量が均一にならないなど問題が発生していました。
型おこし、成形、テストの日々
ノズルの先端にチューブをつけることで液ダレを止められないかと
開発を始めたものの、思ったように成果が上がらない・・・。
形を六角にしてみたり、三角にしてみたり、
口を一文字にしてみたりと、試行錯誤の日々が続きました。
形が悪いのか、厚みか、硬さか、口の形状か・・・。
なるべく簡単な構造で液ダレがピタッと止まり、
容器へ正確に充填できるようにするにはどうしたらいいか。

型をおこし、成型し、テスト。
満足のいく結果が得られず、また型をおこし、成形し、テストをする。
そんな繰り返しで、気付けば3年が経過していました。
実験成功!しかし新たな問題発生…
そんなある日、ある資料から充填する口を十文字にしてみると
液だれが止まるのではないかと確信を得ました。

そこで実験してみたんです。
すると、驚きです!液ダレが見事にとまったんです!
3年目の成果でした。

ところが、ここで新たな問題が発生しました。

薄いシリコンゴムの口を鋭利に、
そして、正確にカットできる工場がなかったんです。
何軒も相談しに歩き回りました。
でも、返ってくるのは「そりゃあ無理ですよ」という言葉。

しかし、何日も粘り強く探し続け、ようやく制作してみようという工場が現れました。
何度も試作を繰り返しました。
ついに「シャット弁」が完成!
協力工場のお陰で、ついに液ダレを高確率で防止するシャット弁が誕生したのです。
「やったー!! よし、これで液ダレで困っている人たちのお役に立てる」
そんな喜びでいっぱいでした。

その後、導入されている機械の先端ノズルのサイズや、
充填する材料の粘度の違いに対応できるよう、
サイズのバリエーションや、硬いもの軟らかいものなど素材に工夫をこらし、
使用できる範囲を拡大していきました。
今では、大手医薬品会社や化粧品会社、食品製造工場などで
広くシャット弁を愛用いただいております。
これからも液ダレで困っている工場担当者さまの
お役に立てればこれ以上の喜びはありません。
これからも充填作業の作業効率、
生産性の向上にお役に立つよう努力してまいります。
株式会社ナオミ 代表取締役 駒井亨衣
株式会社ナオミ 代表取締役 駒井亨衣
製品ラインナップ       シャット弁の強み